リラックスタイムを優雅に|モチーフ繋ぎのピクシールームシューズ

こんにちは、hus編集チームの今野です。

子どもの頃は、編み物って冬限定の趣味だと思っていました。でも実は、1年を通して楽しめることを実感する日々。

暖かい季節にピッタリの小物や毛糸もたくさんあるので、編みたいものが次々頭に浮かんで尽きません。

今年もあっという間に春をすぎ、日中は汗ばむような季節に。そんな季節の移り変わりのワクワクとともに見つけたのが、このピクシールームシューズ。

ルームシューズといっても、自宅のお部屋だけで履いているのはもったいない、つい誰かに見せたくなっちゃうアイテムです。

 

かわいいがいっぱい詰まったルームシューズ

かわいいものが大好き!そんな私にとってピクシールームシューズはたまらないデザイン。

優しい花柄がモチーフになっているので、全体的にエレガントな雰囲気があるところも気に入っています。

それでいて編み物ならではのやわらかな風合いもあるから、目に入るとほっこりするんですよね。

ポコポコっとした縁取りもキュートだし、紐の先についている飾りがクローバーになっているのも心惹かれたポイント。どのパーツを見ても、かわいいが詰まっているって感じがします。

この編み物キットは人気の作家さんであるuzu.さんとのコラボ作品。ピクシールームシューズの名前は、つま先の部分がつんと角になっていて、妖精の足先を思わせるところから付けられたそう。

実際に妖精にはなれなくても、これを履けば、おうちでのリラックスタイムが優雅に過ごせそうですね。

 

編んだモチーフを繋ぐだけで立体の構造に

編み物のなかでも靴下や手袋は、なんとなくハードルが高いという声を聞いたりします。

でも、このルームシューズの構造はすごくシンプル。正方形のモチーフを6枚繋げることで立体にしているんですね。

だから、1枚のモチーフの編み方がわかったら、あとはその繰り返し。サクサク編んでいけそうです。

モチーフを編むごとにお花が1つ、また1つとできあがっていくので気分も上がります。

1枚だけ編むのはそう時間もかからないので、晩ごはんの支度を始める前や観たいテレビ番組の合間など、ちょっとしたすき間時間にちょこちょこ編んでいきました。

両足だと必要なモチーフは全部で12枚。でも、早く完成形にしてみたくて、6枚編んだところで片足分を繋いでみました。

立体形ができると、やっぱり試し履きがしたくなります。5/0号のかぎ針で編んだときの足サイズの目安は22cmですが、透かし編みがゆったりとして伸びやすいので、もうちょっと足の大きい私でも大丈夫みたいですね。

 

心が弾んでくる飾り編み

さてさて本体ができたら、次は履き口のところのピコット編み。ここもかわいくって、編んでいるとウキウキしちゃいます。

クローバー付きの紐もすぐに編めるので、一気に2本作っておきました。クローバー付きの紐だけでもステキなので、ほかの小物をおしゃれに飾りたいときに使えそう…。

ピクシールームシューズはWhip(ホィップ)という毛糸1本のみで左右分が編めるのですが、もしもう片方を編み終わっても余っていたら、毛糸がある分だけクローバーの紐を作りたいなぁ。

 

ふんわりとして上品な毛糸「Whip」

ピクシールームシューズの編み物キットで使う毛糸はWhip。コットンベースですが、アクリルとポリエステルも混ざっていて、ちょっとだけ光沢があるんですね。だから、ルームシューズも野暮ったくならずに、どことなく上品な仕上がり。

Whipはリリアン糸で、断面で見ると筒状の構造になっています。ホィップクリームみたいに空気を含んだ状態なので、ふんわりとやわらかいのも私好み。

編み上がったルームシューズも肌触りが良くて、毎日履いていたいくらいです。オフホワイトのほかにソフトピンクもあるので、これからの季節に備え、洗い替え用に2足目を編むことにしました。

どんなファッションにも似合うオフホワイトも気に入っているけれど、ソフトピンクの繊細な色合いはなかなか他にはないんじゃないかな、と思います。

 

ルームシューズの枠を超えた使い道

肌に優しくて通気性も良いルームシューズなので、靴下は履きたくないけど素足だと床が冷たい…という時期にはピッタリ。

夏場にはクーラーで足先だけが冷えることもよくあるんですが、そんな冷え対策にもよさそうです。

足先を眺めているだけで幸せな気持ちになれるので、お部屋で一人で過ごす時間がとっても贅沢…。

洗ったあとは引き出しにしまわず、こんなふうに家具にひっかけています。ナチュラルな家具もちょっぴり華やかさが増して、ずっとなじんでいるインテリア小物のように見えてくるから不思議です。

この前は、急に出かけることになって、そのままスニーカーを引っかけて行ったら、チラッと見えている部分を目ざとい知人に発見されて褒められました。

意外とお出かけのときに履くのもいいのかも…。今度は靴を脱ぐお店でのお食事会やピクニックに行くときに履いてみようかな。

足元を決めてから、全身のファッションを考えるのも面白そうで、周りの反応も楽しみです。

 

「モチーフつなぎのピクシールームシューズ」はこちら